読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

透明なゆりかごを読んでみた主婦のネタバレ感想ブログ。

スマホでしか読めない話題の”透明なゆりかご”のあらすじや感想を書いていきます。

スポンサーリンク

透明なゆりかご ネタバレや感想など|【書店で入手困難なマンガはスマホで読める電子書籍で。無料試し読みはコチラから!】

f:id:tmgetoshi:20160902150412j:plain

 

 

 

 

 

産婦人科の仕事内容などが、

 

 

 

 


リアルにそして赤裸々に描かれたノンフィクション作品、

 

 

 

 


透明なゆりかご。

 

 

 

 >

 

 

 

 


その衝撃的な内容で書店では売り切れが続出して、

 

 

 

 


なかなか手に入りにくいマンガです。

 

 

 


でも電子書籍サイトでは読むことができます。

 

 

 


電子書籍サイトまんが王国では、購入前に無料で試し読みできるので、

 

 

 

 


是非読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

まんが王国でマンガを読む方法はコチラから☟

http://kirakiraosakana.hatenadiary.jp/entry/2016/01/21/153711

 

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

あらすじ・感想

 

 

 

この物語は、

 

 


著者である沖田×華(ばっか)さんが、

 

 

 


看護学科を専攻していた高校3年生の夏休みに、

 

 

 


母親の薦めで始めたアルバイト先である産婦人科を舞台に、

 

 

 

 

” 命 ” を扱う看護師たちの奮闘記が描かれています。

 

 

 

 

ここままこの物語の内容を書いていくと、

 

 

 

 

医療系ドラマなどのようなトラブルが起きて、なんとか命を救っていく・・・

 

 

 

 

みたいな内容を想像するかもしれませんが、

 

 

 

 

この漫画は全く違います。

 

 

 


命をテーマにしていますが、死も同じようにテーマとして扱われています。

 

 

 


人工中絶なども触れますし、

 

 

 


人工中絶された胎児がどのように扱われるのかという点では、

 

 

 

 

これまでになかった内容ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

次世代に伝えたい作品

 

 

 

 

最近、育てられないから子供を捨てる、

 

 

 

虐待して子供を殺害してしまうニュースをみない日が無いです。

 

 

 

現在に若い世代に是非とも読んでもらいたい気がします。

 

 

 

 

性交渉の低年齢化などとともに、

 

 

 

 

中学生や第二次性徴期を迎える子供を持つ親や子に読んでもらいたいです。

 

 

 

 

デリケートな問題である意味 ”タブー” 化されている、

 

 

 

 

なかなか表立って語れないテーマではありますが、

 

 

 

 

この物語を読んで少しでも多くの人に命について考えてもらいたいです。

 

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「透明なゆりかご」で検索するとでてきます。

 

 

透明なゆりかご 漫画 あらすじ・感想 zip|【実体験で描かれる産婦人科のリアルな現実が衝撃的。】

f:id:tmgetoshi:20160902150315j:plain

 

 

 

 

こんにちは♡

 

 

 

 

マンガに癒される主婦、ミポリンです♪

 

 

 

 

 

このブログでは、

 

 

 

 

マンガを読む時に利用している電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

 

透明なゆりかごというマンガのあらすじや感想などを書いています。

 

 

 

 


⇒まんが王国

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

 


私が「透明なゆりかご」を知ったのは、

 

 


元々マンガを読む時に利用していたまんが王国のサイトを何気なく見ていた時でした。

 

 


その時は丁度妊娠中だったので気になり出産後に購入しました。

 

 

 

可愛らしいイラスト風な絵柄でほんわかした話を想像しますが、

 

 


内容は作者である沖田×華さんの実体験を元にしているので、

 

 

 


全てがハッピーエンドではなく時には悲しい結末を迎えたりします。

 

 

 

私は出産したばかりだったので作中に登場する妊婦さん達が自分と重なり、

 

 

 

読み進めていく内に涙が溢れてきました。

 

 

 

 

妊娠中は赤ちゃんが順調に育っているのか毎日不安だったので、

 

 

 

 

無事に出産した時にようやく安心しました。

 

 

 

 

 

実話をもとにした様々な命の体験談。

 

 

 


作中は様々なエピソードがあります。

 

 

 

 

人工中絶の話から捨て子の話、不妊の話、流産の話、妊婦死亡事故の話などです。

 

 

 

 

全ての人が当たり前に妊娠して出産するわけではないということを看護師の立場から伝えています。

 

 

 

 

可愛らしい絵柄とは裏腹にショッキングな内容ですが、

 

 

 

 

 

どのエピソードも読んでいる者の心に残り、考えさせられます。

 

 

 

 


私は子を産み母親となったので、

 

 

 

 

我が子が日々成長していく姿を見れることが本当に幸せなことであると改めて実感しました。

 

 

 

 

この漫画は私のように妊娠して出産した人だけではなく、

 

 

 

 

 


どの年齢層の方でも読んで欲しいと思います。

 

 

 


そして、自分が存在するのはとても奇跡であることを

 

 

 

 

この物語を通じて少しでも多くの人に知って欲しいです。

 

 

 

 

 

物語をより深く読んでみたい方はコチラから☟

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」で検索すると出てきます。

 

 

 

透明なゆりかご ネタバレ・感想など|【中絶によって処理された胎児はどこへ・・・?衝撃の産婦人科物語】

f:id:tmgetoshi:20160902142100j:plain

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

マンガ大好き2児の母、ミポリンです♡

 

 

 


このブログでは、

 

 

 


電子書籍サイトまんが王国の無料試し読んで、

 

 

 

 


ソフトなタッチのイラストでありながら、

 

 

 

 


産婦人科の現実が赤裸々に語られているノンフィクション衝撃作品、

 

 

 

 

 

透明なゆりかご

 

 

 

 


のあらすじや感想などを書いています。

 

 

 

 

 

まんが王国でマンガを読む方法はコチラから☟

http://kirakiraosakana.hatenadiary.jp/entry/2016/01/21/153711

 

 

 

 


⇒まんが王国

 

 

 

 


 

 

 

⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

 


高校の准看護学科を専攻して当時高校3年生の

 

 

 

 

このマンガの著者である沖田×華さんは、

 

 

 

 

夏休みの間、母親の強い希望で産婦人科でアルバイトをすることになります。

 

 

 

 

その産婦人科には、研修に来ている他の専門学生もいたりで、

 

 

 

 

注射などの医療行為はできないものの、

 

 

 

 


仕事は初めてのものばかりで充実しています。

 

 

 

 


しかし、産婦人科とは命が生まれ、そして消えていく場所です。

 

 

 

 

命を扱うことへの葛藤と、

 

 

 

 


その中で命という尊いものを考えさせられながら切磋琢磨してする×華さんの成長を描いた、

 

 

 


実際の体験をもとに構成されたサクセスストーリーです。

 

 

 

 

感想

 

 


絵のタッチが可愛らしくて、

 

 

 

柔らかく、ほんわかしている感じなのですが、

 

 

 


内容を読み始めてびっくり、

 

 

 

 

妊娠、出産にまつわるエピソードが時にグロいと感じるほど赤裸々に描かれています。

 

 

 

 

妊娠出産にまつわる幸せな話だけではないのでショックを受け、

 

 

 

 

内容が重くてノックアウトされます。

 

 

 

中絶の問題は、もし自分だったら…と考える事は何度かありましたが、

 

 

 

中絶手術後の赤ちゃんがその後、廃棄物となって処理されるまえに、

 

 

 

命として主人公が見送りをしてあげるシーンなどはビックリでした。

 

 

 

妊娠前、妊娠や出産は幸せなことしかないと思っていましたが、

 

 

 

妊娠や出産はとても母体に負担をかけることで、

 

 


医療技術がこんなにすすんでいる日本でも、妊産婦死亡は毎年確実に起こり得るということ。

 

 

 

妊娠、出産を契機にお母さんが、赤ちゃんが、死ぬこともあるという

 

 

 

普段忘れがちななポイントも、この物語ではリアルに語られています。

 

 

 

 

命を授かっている事、今自分がいることを当たり前にしてはいけませんよね。

 

 

 

 

 

×華さんが体験した命についてのエピソードの詳細はコチラから☟

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」で検索するとでてきます。

 

 

 

透明なゆりかご ネタバレ|【産婦人科の現実が描かれる。心打たれる実話をもとにしたストーリーで涙。】

f:id:tmgetoshi:20160902140339j:plain

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

ブログ管理人の主婦、ミポリンです♡

 

 

 


このブログでは、

 

 

 


著者である、沖田×華(ばっか)さんが、

 

 

 


看護学科を専攻しいた高校3年生の夏休みに、

 

 

 

 


産婦人科のアルバイトをしていた時に実際に体験したことがマンガで描かれた作品、

 

 

 

 


透明なゆりかご のあらすじや感想などを書いています。

 

 

 

 


この作品は、電子書籍サイトまんが王国で無料で試し読みができます。

 

 

 

 

 

まんが王国でマンガを読む方法はコチラから☟

http://kirakiraosakana.hatenadiary.jp/entry/2016/01/21/153711

 

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

⇒まんが王国

 

 

 

 


このマンガは自分が母となっていなかったら、

 

 

 

 


妊娠していなければ、おそらく手にも取らなかったマンガです。

 

 

 

 


きっと皆さんが想像する

 

 

 

 

 


産婦人科、妊娠、出産というものは、

 

 

 

 


” 命の始まりに出会える神秘的で喜ばしいポジティブなこと ”

 

 

 

 


だったりするのが一般的なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

この作品はまず、そこから覆され、

 

 

 

 


ほんわかしたイラストとは裏腹に産婦人科の現実がリアルに突き刺ささります。

 

 

 

 

 


命のカケラを集める話で衝撃。

 

 

 

 


1話目の題材は「中絶」です。

 

 

 

 

 

初期中絶を受けた胎児の処理方法が描かれています。

 

 

 

 

 

処理が終わった胎児(命のカケラ)を、

 

 

 

 


小さなビンに入れ、

 

 

 

 


子守歌を歌ってあげたり、

 

 

 


外の世界を見せてあげたりして暗い箱の中にしまい、

 

 

 

 

業者さんがまとめて持って行くという作業が日々行われています。

 

 

 


普段見ることのできない場面であり、

 

 

 


簡単に行えてしまう初期中絶の現実に、衝撃を受けた1話でした。

 

 

 

 

 

17話  置き去りの子

 

 

 

 

×華さんは、ある病院で守衛の江口さんに出会います。

 

 

 

江口さんは置き去りの子に出会ったとき、

 

 

 

 

「よくぞ、この子を殺さずに捨ててくれた」という場面がでてきます。

 

 

 


それは江口さんが助けた置き去りの女の子が捨てられたことに嘆くこともなく、

 

 

 


「助けてくれてありがとう」と笑顔を見せてくれた為だったのです。

 

 

 


小さい身体にしっかりとした強い心を持った女の子と、

 

 

 


江口さんの器の大きさ、誰も傷つけない配慮や考え方に感動しました。

 

 

 


このように×華さんは様々な出来事に向き合いながら成長していきます。

 

 

 


感想。

 

 


妊娠は病気ではありません。

 

 


保険はきかないし、ほぼ実費です。

 

 


ですが、妊婦や子供はいつもリスクを侵して妊娠生活しています。

 

 

 

それを理解しないままの男性は多いと思います。

 

 

 

妊娠は病気じゃないから大丈夫。

 

 


子供は当たり前のように産まれてくる。

 

 

 

表に出せなくても、頭の片隅によぎる言葉なのではないでしょうか。

 

 

 

この作品では、 いろいろな事案を用いて出産によるリスクを紹介しています。

 

 

 

 

家庭環境により病院に行っていないまま、出産直前に運ばれてくる野良妊婦

 

 

 

 

自力で産んだ子を産婦人科に捨てる高校生。

 

 


子宮内胎児死亡と診断された妊婦。

 

 


海外に旅行中の出産。

 

 

 

色んな場面で、色なリスクを背負っているのが

 

 

 

”妊娠 ” なんですよね。

 

 

 

 

 

普通に妊娠して普通に出産できるってすごく幸せでありがたいことなんだと実感できる作品です。

 

 

 

 

この物語をもっと読んでみたい方はコチラから☟

 

 

 

 

 ⇒まんが王国

※「透明なゆりかご」で検索すると出てきます。

 

 

 

透明なゆりかご 漫画1巻 ネタバレ・感想 zip|【見習い准看護師の奮闘記。命の重さについて考えさせられたマンガです。】

 

f:id:tmgetoshi:20160901173920j:plain

 

 

 

 

こんにちわ♪

 

 

 

 

ブログ管理人のミポリンです。

 

 

 

 

このブログではスマホで読める電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

 

 

透明なゆりかご のあらすじや感想などを書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒まんが王国で無料試し読みはコチラから

 

※「透明なゆりかご」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

日本人の死因第1位は人工妊娠中絶。

 

 

 

 

 

この物語は、

 

 

 

 

 

産婦人科クリニックでバイトをすることになった准看護学科3年生の

 

 

 

 

 

沖田×華(ばっか)さんを中心として進んでいきます。

 

 

 

 

 

作者である×華さんが1997年ごろに、

 

 

 

 

 

実際に体験した出来事をもとに書かれたリアル体験談を元に構成されています。

 

 

 

 

 

 人工妊娠中絶、新生児糖尿病、性的虐待妊娠中毒症……

 

 

 

 

 

産婦人科を訪れるの妊婦さんはみんなが幸せな人ばかりではないという現実を、

 

 

 

 

 

 

×華さんは高校3年生の夏休みの研修期間から突き付けられます。

 

 

 

 

 

 

看護師という仕事をする事に葛藤する×華さんの奮闘記描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

読んだ感想。

 

 

 

 

「絵が可愛いくて、読みやすそうだな」と安易な気持ちで読み始めた、

 

 

 

「透明なゆりかご」。

 

 

まさかこんなに考えさせられる作品だと思いませんでした。

 

 

作者が1997年ごろに、実際に体験した出来事をもとに書かれたとだけあって、

 

 

 

どれもリアルで切ない話ばかりです。

 

 

 

人工妊娠中絶、新生児糖尿病、性的虐待妊娠中毒症……

 

 

 

産婦人科を訪れるのは幸せな妊婦ばかりではないと、頭では分かっています。

 

 

 

でも、この漫画を読んでショックを受けるということは、

 

 

 

いままでそれほど気にしたことがなかった、ということなのかもしれません。

 

 

 

世の中には歓迎されない命もある、

 

 

 

女性と生まれたために子供ながらにつらい思いをしている子もいる、

 

 

 

そういう様々な出来事について、改めて、とても深く考えさせられました。

 

 

 

×華さんを取り巻く人間もすべて現実味があります。

 

 

 

クリニックを舞台に描かれる人間模様が、

 

 

 

とても20年近く前の出来事と思えないほどに生々しいと感じました。

 

 

 

 

楽しい漫画も好きですが、こういう漫画は読みごたえがあっていいですね。

 

 

 

 

命の重さ、尊さを考える機会を与えてくれた作品です。

 

 

 

 

 

⇒まんが王国で読みたい方はコチラから

※「透明なゆりかご」で検索すると出てきます。

 

 

透明なゆりかご 無料で読める漫画 あらすじ・感想|【日本人の死因第1位は人工妊娠中絶。書店では手に入らない!スマホでしか読めない看護師たちのリアルを描いたマンガが話題。】

f:id:tmgetoshi:20160827232000j:plain

 

 

 

 

90年代において、

 

 

 

 

日本人の死因で一番多いのはなんだと思いますか?

 

 

 

 


脳梗塞心筋梗塞、糖尿病・・・などなど

 

 

 

 

 

代表的なものがありますが、すべてはずれです。

 

 

 

 


日本人の死因で一番多いのは、

 

 

 

 

 

実は人工妊娠中絶です。

 

 

 

 

 


この言葉って、一言では片付けられない辛く重たい言葉ですよね。

 

 

 

 


そんな衝撃的な事実を知ることになったのが、

 

 

 

 


産婦人科を舞台に見習いの看護師が

 

 

 

 

 

” 命 ” とは何かを考え、奮闘する姿が描かれているマンガ、

 

 

 

 


透明なゆりかご  でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


透明なゆりかごは、

 

 

 

 


ゆるいイラストのタッチなのですが、

 

 

 

 


産婦人科の仕事内容などがかなりリアルで忠実に描かれていることから、

 

 

 

 

 

全国どこの書店でも売り切れが続出して、

 

 

 

 


現在なかなか手に入りにくマンガなのですが、

 

 

 

 

 

スマホで読める電子書籍サイトで購入できました。

 

 

 

 

 

色んなサイトがありますが、

 

 

 

 

 

まんが王国では購入前に無料で試し読みできるので、読んでみて下さいね☟

 

 

 

 

まんが王国でマンガを読む方法はコチラから☟

http://kirakiraosakana.hatenadiary.jp/entry/2016/01/21/153711

 

 

 

 

⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

命のかけら

 

 

 


高校3年生の沖田×華は、

 

 

 

 

学校で准看護科を専攻していて、来年から准看護師になろうとしている身です。

 

 

 


×華は、夏休みに入った時、

 

 

 


母親の強い薦めで、産婦人科のアルバイトを始めました。

 

 

 

 


仕事内容は、見習い中のため注射器などの医療行為はできず、

 

 

 

 


かんたんな雑用と介助だけです。

 

 

 

 


戴帽式も済んでいなかったので頭に被るのはナースキャップではなく三角巾です。

 

 

 

 

 

×華以外にも中学を卒業して准看の専門学校に入った学生が来ていて、

 

 

 

 

 

ナースと話すよりも会話が弾みます。

 

 

 

 

 

そんなバイト生活にも慣れたてきたある日、

 

 

 

 

 

専門学生の1人、川井さんが貧血で倒れてタンカーで同僚たちに運ばれていました。

 

 

 

 

川井さんはこの日、

 

 

 

 

人工妊娠中絶手術に立ち会っていてその現場を目の当たりにしたところ、

 

 

 

 

 

 目の前にある光景にショックを受け貧血で倒れてしまったとのこと。

 

 

 

 

 

そこで代わりに選ばれたのが、×華でした。

 

 

 

 

 

 

×華が任されたのは、

 

 

 

 

 

 

日々淡々と行われる中絶手術の小さな命のかけらを集め回収業者に渡すという作業。

 

 

 

 

 

 

×華はそこで、失われていく命の尊さを学んでいくのでした。

 

 

 

 

 

ソフトタッチながらも胸に突き刺さる物語の続きはコチラから☟

 

 

 

 


⇒まんが王国
※「透明なゆりかご」

 

 

スポンサーリンク